血液検査で胃がん発見 松阪の医師ら実用化向け研究

血液検査で胃がん発見 松阪の医師ら実用化向け研究

松阪市の東黒部町他の鬼石病院の外科のHajime鬼石(34)医師は血液検査だけで胃癌を見つけるための新しい検査方法の研究を唱えています。 血液の中のアミノ酸の密度に従って精度が区別の方法が過去の血液検査より大いに上手くなるデータを得ます、そして、それは早めの実用を目的とします。
それは血液の中に存在した約20種類のアミノ酸の健康な密度をもっている人が研究でほとんど一定でしたが、病気を患うのが2006年にachimeiと提携して始まった注意に変化への岡山大学病院(岡山市)の准教授に支払いました。
鬼石の医師は同時にアミノ酸の2以上集中を測定できる最新の技術を使用します。 胃癌患者が強健な人の血液を比べたとき、4種類のアミノ酸が胃癌患者で独特の変化を見せて、密度が測定されたなら、それは、胃癌の存在を区別できるように確かめられました。
この検査方法で胃癌患者の血液を調べることの結果、早い胃癌患者さえ67%の精度で正しく区別できたと言われています。 最も正確であると言われている血液検査と現在日本の胃癌社会で報告されるそれと比べて、患者の発見率は30パーセント向上しました。
研究グループは将来実用を目的とするより多くのケースで点検テクニックについて確かめるでしょう。 鬼石の医師「早期発見ができるなら、胃癌は全く怖い病気ではありません。 少し、新しい検査方法がそれのために内視鏡とバリウムなどと比較した患者のクマ責任を確立したいと思います。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「がん細胞との共生」は「撲滅」より効果的:新しい治療法 »
« ふれあい動物園での病原菌感染を防ぐ