がん:研究の成果を発信 出雲で20日講座 /島根

がん:研究の成果を発信 出雲で20日講座 /島根

20日に関する講演「知ろう’という癌がどれが癌のメカニズムに関する最先端の、そして、活発な講演であるか、そして、最新の治療法を研究する研究者が出雲市のshio**yuuharamachiの市民ホール大きいホールで開かれる癌の’以上」2を開いてください。
コースでは、06年以来それが徳島市のなどで開かれています、そして、今回が5日です。 それは、広く癌の研究の結果を送って、将来研究者の昇進につながることを目指しました。
当日。京都。大学院。石川。教授。講師。癌。どのようにですか?起こってください。見てください。知ってください。癌。セル。アニメーション。章。「それはひどいです。 癌の放射線治療」それは、題している「癌(癌)のmanagotohajime」であり、それについて講義します。
午前9時15分?11:50。 無料。 アプリケーションは不要です。 問い合せは島根大学医学部です。総務課(0853・20・2011)。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【日本イーライリリー・ズルエッタ社長】癌領域を中心に成長戦略‐売上比率30%達成へ »
« がんセンター医療訴訟:遺族、和解案受け入れへ 県と来月1日協議 /栃木