がんセンター医療訴訟:遺族、和解案受け入れへ 県と来月1日協議 /栃木

がんセンター医療訴訟:遺族、和解案受け入れへ 県と来月1日協議 /栃木

男性、(57歳、その時)、 99年間死んで、胃癌で県のがんセンター(宇都宮市陽の南4)で手術を受けた中で同じ都市、: .それになります。 適切な治療の怠慢のため、再び作動した後に、してください。 それは、約6200万円の損害賠償などが県から遺族、および遺族側を合計するよう要求する訴訟ですか?和解金宇都宮地方裁判所(竹内厚生裁判長)が受け入れられるべき600万円のための和解案をSchedulingに提示したという500万は、パーティーの話からの9番目は関係があったのを理解していました。 県が受け入れるなら、それは、県が、「当分それを調べてください」と仮定しますが、7月1日に会議で和解すると予想されます。

胃癌における操作が受けられた8月であったとき、’99 がんセンターでは、男性は、胃と脾臓を取り除いて、陳情に従って腸と食道を縛った手術を受けました’。 しかしながら、肝不全で、縫合部分が約2週間後に外れるでしょうから、再手術を受け取りましたが、同じ年の10月に死にました、そして、出血しました。 適切でなくそれを縫合するとき、扱われた後に、遺族側がその適切な治療を仮定して、再び手術された医師は、間違われて、慰謝料などを要求しました。

法廷は、彼らが、再び作動した後に、処理にはいくらか問題があると仮定すると言います、そして、縫合操作では、もっとも、原告のサイド代理人によると、和解案が提示されているのは、明確な欠点です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん:研究の成果を発信 出雲で20日講座 /島根 »
« 進行大腸癌(がん)には化学療法のみでよい