進行大腸癌(がん)には化学療法のみでよい

進行大腸癌(がん)には化学療法のみでよい

外科手術は発表されました。新しい研究で言うことは提案されないで、米国オーランドで行われた米国臨床腫瘍学会(ASCO)例年の集会で別の内臓に転移した進歩結腸直腸癌(癌)患者の大多数の既に最も良い治療法。
結腸直腸癌(大腸癌)は合衆国の癌のため死因の2位を占領します。 ステージIVの転移性の結腸直腸癌への過去の、そして、標準の処理はそれを診断した後に、すぐに大腸摘出(手術による摘出)の芸術をして操作の後に数週間化学療法をするものでした。 原子力発電所腫瘍の兆候と合併症が、外科手術に従って化学療法が効果的でないと言ったという考えが防ぐことができるということでした。
しかしながら、米国メモリアルのスローンケタにおけるフィリップPatyさんはMemorialスローン-ケッターリングの癌のセンターを取り囲みます:「封鎖、パンチも腫瘍を伴う出血も引き起こされます、その化学療法が最も適当であったのが消されるということでなければ。 化学療法、および部品が遅れなしで始めるすべての病気の処理から始めるので、外科手術による合併症の危険を避けることができます。 」それは言います。
その合併症予測が、6年間同じセンターで扱われた進歩の期間の転移性の結腸直腸癌腫症の93%の例であることがわかるのにものはこの推薦を基礎づけました、そして、原子力発電所腫瘍のどんな摘出のためも起こらないのは認められませんでした。 化学療法が進んだので、変化して、このように原発腫瘍と転移腫瘍の両方の減少で有効になったと思われます。
その人「古い考えはルーチンで外科手術をします。 それはそうですが、臨床症状で例外を基本的に作動させるのは、必要ではありません。 」それはそれを作ります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんセンター医療訴訟:遺族、和解案受け入れへ 県と来月1日協議 /栃木 »
« 3人に1人は「がん」で死亡――厚労省・人口動態統計