3人に1人は「がん」で死亡――厚労省・人口動態統計

3人に1人は「がん」で死亡――厚労省・人口動態統計

厚生労働省は、6月3日の年度2008に人口動態統計月次報告年のメーターを発表しました。発表に従って、年度2008のライブbirthssの数は109万1150人で前年よりさらに1,332の増加です、そして、死亡数は人が前年に114万2467人で増える3万4133です。
それは来ました。5万1317人が引いて、なって、死亡数が2年連続で出生数を超えていたので、それを引き算するために。
死亡数の故障は、75歳か、より多くの高齢者で約75%を占めて、毎年、増加します。 1位は死因のような「悪性新生物」における34万2849人、2番目の場所「精神病」181,822人、および3番目の場所「脳血管疾患」の12万6944人です、そして、悪性新生物による死は3人という1人まで増加します。
脳血管疾患は人の死の原因の中の減少傾向です、そして、最近、悪性新生物、精神病、および肺炎は増加する傾向です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


進行大腸癌(がん)には化学療法のみでよい »
« 先端がん治療施設を検討