がんを克服写真集出版 バラ撮影10年の労作

がんを克服写真集出版 バラ撮影10年の労作

自分自身の費用の発行された写真集「バラ(上昇した)の妖精」の秋田県のOdate市のアマチュア・カメラマンとHiroshi Togashi(74)。 バラの名所「バラ園石田」で約10年を都市で過ごす、それが写真を撮る困難な仕事。 写真に付属を失わずに、病気は克服されました、そして、癌に2年前に苦しみましたが、それは公表に達成しました。
600種類の珍しいバラはローズガーデンに育てられます。 80ポイントは、それが写真を撮った2000年頃から選ばれて、編集されました。 絵の時間帯を取るのが豊かに表現されたのを天気と両方による微妙な変化に示したバラの表現、および花言葉はそのさん/さんです。 「愛情」と「切望」が元々考えさせたTogashiがそれぞれの仕事のタイトルとして付けられました。
さん/さん **が2つの写真集を発行する写真について約20の年をTogashiする、八幡平の森吉山と鹿角の北秋田市、テーマとしての市。 癌は見つけられました、そして、2007年秋に余儀なく腎臓などで病気人生に対する戦いをしました、そして、ローズガーデンと十和田湖で写真を撮るのなどを保ちましたが、カメラが得ることができなかった毎日は続きました。

それは、「病気で破られて、明確に生きていられるのをやめましょう」と自らを説得されて、去年の春の制ガン剤処理などを通して病気を克服しました。 今年の物理的な状態が回復した1月のこの写真集の編集を始めたと言われています、その「それが堪えて、成長したOdateの観光PRになってください」を言って。

さん/さん Togashi「花の香りが写真から漂流したところでそれは表現を目的としました。 私は、同類が見るために県の外で上昇させた人が欲しいと思います。 」それは話します。 写真集は101ページです。 1500円。 1500は作られています、そして、それは都市の書店以外に郵送で応募者にそれを売ります。 どこで接触を作るかは、(42)です。さん/さん Togashi01867194.

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


Dr.中川のがんから死生をみつめる:/10 痛みはゼロにできる »
« ホスピスカー 半島守る 「在宅患者に安心を」 福岡・糸島の診療所が導入 緊急往診時に優先走行