ホスピスカー 半島守る 「在宅患者に安心を」 福岡・糸島の診療所が導入 緊急往診時に優先走行

ホスピスカー 半島守る 「在宅患者に安心を」 福岡・糸島の診療所が導入 緊急往診時に優先走行

急変に備えた福岡県のShima町における、家で回復された終わりの癌患者などのサギのスロープ(sagisaka)のTeruイギリス(49)医師は、九州で初めて、「ホスピス車」を導入しました。 それは、赤が点灯する往診車と4月の道路交通法施行令改正によるサイレンについても救急車や、パトロールカーや、優先権などの適用のためあって、路上にへ走ることができるのに至りました。 半径10キロが毎日超えられている糸島半島の全域に関して走るサギスロープの医師。 まだサイレンを鳴らしていますが、それは話されています、そして、「患者と家族に安全を与えます。」と述べていません。

8日の午後のShima町における70代家の「苦痛なポイントがありませんか?」という女性。 サギスロープの医師は、取って、話して、神経の難病のため寝たきりの女性の手を置いて、直接胃に滋養を入れるためにチューブを交換しました。 状態は戻った、女性が長い間入院する予定でしたが、家へ帰った去年の秋のため安定しています。 女性は、微笑でサギスロープの医師の手の留め金をすることであり、それを返しました。
診療所がこの町にオープンされたので、桜の花が空白の地区を治療することである地区をさばくこの年に全体の20年の間に通ったサギスロープの医師。 それは、それが初めの病院を開く往診をして、負荷についても重さのため往診を拒否する多くの医師がいますが、近年家で患者の世話をするために「在宅ホスピス」に働いています。 昨年は老衰を含む10人で近い患者の死のときに関係づけられました。
我慢強い家が毎日、2人の看護師と共に車で訪問されて、20キロがある意味では作られているかもしれない、往診、進行到着、真夜中、および平日の午後早朝。
ホスピス車では、死がアプローチする我慢強い家への緊急の往診は認可の状態です。 サギスロープの医師が自由に車を選ぶことができて、ヒットが屋根へのチェリーであり、音は白いセダンのステッカーです、そして、置くサイレンが鳴らされます。 回転灯とステッカーを取り除くので、通常、一般的な車と外観は同じです。
それがひどい渋滞がサギのスロープが治療する海水浴季節などの夏場にディフェンスの範囲の中のShima半島の中で起こったので、非常時頃に心配したと言われています。「それの前の先手は緊急の状態で必要でない手で気にかけるのが、基本的ですが、突然必ず、状態変化は走ります。 一足先にさえ急ぐのが、可能であるなら、それは患者と家族の苦痛な減少に通じます。 」それは話します。  (レポートセンターとNanyo子供)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを克服写真集出版 バラ撮影10年の労作 »
« 島村・瀬戸内市長が辞職願 肺がん治療公表 来月までに市長選