島村・瀬戸内市長が辞職願 肺がん治療公表 来月までに市長選

島村・瀬戸内市長が辞職願 肺がん治療公表 来月までに市長選

4月の終わり以来入院し続けていたToshikazu島村の瀬戸内市長(68)は、8日での肺癌の治療を公共にして、matsumotowau議長の当てに辞表を提出しました。 松本議長はこの日の都市の選挙管理委員会に通知します。 それは、50日以内に開票をすると翌日の9日の公職選挙法と**に備えることによって、思います。 選挙管理委員会は、9日に市長選のスケジュールを決めます。 現職市長は去年の11月に失意でした、そして、それは最初に選出されました、そして、驚きと当惑の声は1年間の半分の間、残りによって市民とスタッフによって辞職に尋ねられました。
記者会見が市役所にいたサブHideo Kusaka市長は島村市長の会話を公共にします。 説明します、そして、「立候補、健康が確認されて、立候補が決定している4カ月前に、人間ドックは受けられ」て、それは想定されます、「本当に、感じの今日の日が短い期間で直面されていたのが残念です」。 肺癌の診断は大いに6月2日に医師による時代遅れであることで置かれます、そして、それが望まれていたともっとも、左半身が義務リターンを動かさないとき、3日にサブKusaka市長に辞職するという意志を言った状態は言われています。
参事会が本会議で島村市長の辞職への9番目に同意すると予想されます。 松本議長: 適用範囲に。 「管理を始めて、財政改革: 市長。 目的中央で辞職するのは残念です。 」それは話しました。 確信している議員が外に指した、「アセンブリの(休んでいる市長のような)議論をする、開会することにおける6月の崩壊(Keiふた)、」

50代の都市の男性役員「それが将来行財政改革に働くと思われたので、それは当惑しています。 ダウンするように決着をつけて、扱うために早くて、足りないのは、真意です。 」それは話しました。
様々な声は市民によって尋ねられました。 「(48)の男性と(57)の農業男性を話した良い会社従業員」…昨年の市長選の時間以来物理的な状態を心配した、」、「それが病気であったなら、辞職を助けることができません」。

島村市長は、昨年11月に市長選で現職をブレークして、最初に選出されて、12月5日に位置に就きます。 しかしながら、それは今年、4月30日に岡山都市の病院に入院します。 病院にあるとき、市長解決などが公衆を運動させましたが、5月22日が機能した後に、サブKusaka市長は、義務代理として勤めていました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ホスピスカー 半島守る 「在宅患者に安心を」 福岡・糸島の診療所が導入 緊急往診時に優先走行 »
« シイタケ がんの免疫指標が向上 中性脂肪や血圧下げる成分も