がん闘病 斉藤さんコンサート 人柄にじむハーモニー

がん闘病 斉藤さんコンサート 人柄にじむハーモニー

シンポジウムが作曲家の自作している旋律を「種類と人生への協定」であるという斉藤正裕(77)は7日に鹿児島市の宝物山のホールで行動し続けた鹿児島女子短期大学の音楽の名誉教授で癌と戦っている間、開かれました。
「若桜」が種子島に広げられた民話に基づいて扱った約20のオペラなどが性能で実行されました。 さん/さんの両方 斉藤は「皆既日食」とこれらの中にコーラス旋律の「海」を忘れるコマンドに直面していました。 美しいHarmonyが性能が始まって、ステップが影響を及ぼして、段階でよろめかせる病気のためにまた、される場面がありましたが、プレーヤーの外から引き出されたとき、それは滑らかな動きで命令しました。 それはアンコールに答えました、そして、ホールを通って声を揃えて響くすべてのパフォーマーによる美しい歌声は「スタイルがある町」を調整します。 孫がさん/さんへの花束を渡した行為がありました。 そして、斉藤、もホールから大きい拍手を特に送りました。
多くの生徒がホールに急いで行きました、そして、教師のステージは見られました。 それは着色しました、そして、**(17)は高校の3年が指導を受けるのを確信している働いている松の音楽のメンバーの北の**で深く感動させました、「コンサートの教師の性格になったという考えが興奮して出かけたということです」と言って。

さん/さん シンポジウムを終える斉藤「それは安全に終わりました、そして、さっぱりしました。 私は、人々の多くの助けを与えて、成功できたと思います。 見込みがあればそれが過度に働かない範囲の中で音楽を続けたいと思います。 」それは解決して、微笑は示されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


シイタケ がんの免疫指標が向上 中性脂肪や血圧下げる成分も »
« 県内初のがん薬物療法専門医 /島根