犬:アメリカ食品医薬品局、犬専用の癌治療薬を認可。発売は2010?

犬:アメリカ食品医薬品局、犬専用の癌治療薬を認可。発売は2010?

アメリカの食品医薬品局(FDA)は、合衆国で初めて、犬のためだけに癌治療薬を認可しました。
‘Palladia’と呼ばれるこの薬は、ファイザーの米国製薬会社大手企業の動物の健康派によって開発されます、そして、効果は皮膚肥満細胞腫の処理に予想されます。
皮膚肥満細胞腫は、20時頃にイヌ科動物のパーセントの皮膚癌を占めます。 全身に転移するもので操作で比較的容易に皮膚肥満細胞腫の一部を取り除くことができますが、一般に、処理が最も難しく、よく知られていると思われます。
「この犬のための癌治療薬の認可は将来、動物薬の進行中で重要なステップになるでしょう。」と、FDA動物薬一般化担当の人のバーナデット・ダナムさんは説明しています。

そのうえ、それはファイザー社への開発でそんなにシェリル・ロンドンかかわりさんで言われています。60%の犬の腫瘍は失われて、中で減少するということです、そして、その’Palladia’有効な撃退は腫瘍細胞です、そして、成長が止まりました。
薬が2010年初旬に売り出されるという期待。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


県内初のがん薬物療法専門医 /島根 »
« ペットにもPET検査…犬猫のがん診断に北里大が国内初導入