ペットにもPET検査…犬猫のがん診断に北里大が国内初導入

ペットにもPET検査…犬猫のがん診断に北里大が国内初導入

国では、北里大学(23番目の青森県の十和田市の東町)の獣医学部の付属の小動物診療センターが初めて犬と猫の癌を診断したPET(陽電子放射断層撮影)検査装置を紹介しました。
処理に、早期発見が有効であり、やれやれので、それは家族のメンバーとしてそれを大事にする所有者への朗報です。
PET点検はまた、男性の癌の診断に使用される高度な医療です、そして、獣医処理の施行規則の認知症などA部分は改訂されました、そして、犬とその時まで点検を受けることができなかった猫は、今年の2月にも可能になりました。 この大学は、規則改正に応じて序論のための準備を進めて、3月に点検し始めました。
点検は、容易に癌細胞に連れていかれた「放射性薬」を注入して、この薬が特殊装置で溯源する少量の放射の写真を撮ります。 2つ以上の方向から写真を撮ることによって癌細胞の位置とサイズを区別できて、多くの薬が活発に動く癌細胞の中でさらに、飲まれるので、放射の強さで癌の進歩レベルを判断できます。
一度注射、および点検を除いた負荷をどちらも犬か猫に持っていないことによって、全身を調べることができます。 また、癌の転移は早期に発見できます。 放射線の影響は失われる場合があります、そして、それは戻って、24時間後に家へ帰ります。
検査費はかつての約10万円のヒットです。 大きさのこの獣医学部分の伊藤学部長がありません: それですが、便利な価格は言うのが可能ではありません。 「早期発見に、苦痛について口答できない動物の点検は重要です。 PET点検を導入することによって、高精度をもって診断できます。 」それは話します。
獣医と相談した後に、小動物診療センターは、予約を受け入れています。 問い合せ: 同じくらいに、(0176・24・9436)を中心に置いてください。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


犬:アメリカ食品医薬品局、犬専用の癌治療薬を認可。発売は2010? »
« がん:テーマに新宿でイベント--27、28日 /東京