今週の本棚:中村桂子・評 『がんと闘った科学者の記録』=戸塚洋二・著、立花隆・編

今週の本棚:中村桂子・評 『がんと闘った科学者の記録』=戸塚洋二・著、立花隆・編

フレキシブルな知性と一人で死を見る人間性
作者は東京大学の特別な名誉教授です。 残念なことに、それは癌で2008年7月10日に66歳のときに後悔されている間、死にました。 ブログを読んだボリューム人が死んで、それを集めたのが本になるのであった、この後に、病気記録に対する戦いを超えている病気に対する戦いの間に記録したのはすばらしい時々の考えに打たれます。 それは実際に既に独自に発行されました、そして、このコラムのブログの若い人のために書かれた「科学への序論」の部分を導入しました。 それが言われた、「ああ、それ、」それが感じさせられて、それはいたる所のコアへの読む科学者でした。「この人、」 (また、評論家には、かなり同じ印象がありました)、そして、彼と取りが繰り返してするのについて導入するそれであったので、少し考えて、言うのが、可能でしたが、花に関して話して、Narratorと死に関して話したdukaiをブラッシングするために上げる想定された**(灯火)。
作者の専門は実験物理学でした、そして、ニュートリノはカミオカンデと呼ばれた大規模な装置と最近よく知られるようになったスーパーカミオカンデで検出されました。 ボディーを通して660億の数によって入り込まれる太陽からのニュートリノが1秒単位で挿入するのが知られていましたが、ほとんどの中立と固まりが0であったので、検出方法が全く電気的になかった、あらゆる、私たちの体外1平方センチメートル。 計画と検出装置を開発したのは、固まりが****Koshiba(2002年に受賞されるノーベル物理学賞)によるニュートリノと見習いの作者にあったのを示して、大規模な状態で作られた物理学の基礎を変えた大きな功績になにも与えませんでした。 サイコロ以来それが現在、がんばられないで、しっかりYoji科学者戸塚の魅力を捕らえるのが真実の評価になる、自然な解決。価値がある。ノーベル賞… それは評価されましたが。 この本が読まれたので、したがって、それはそれを感じました。
すべてのエネルギーが県の神岡岐阜での研究、および体の不調に注がれますが、下のなどにおける血液がそれのために感じられて遅れているように、間隔を置いてOkuhidaの自然に触れていて、特に植物の名前を覚えていて、それが印象的なノーであることを観測する記録は、医師を訪問されます。癌の検出。 ロマンチックな名前には好きで、普通の葉の形がありますが、それがaceraceousであるのにChidorinokiは驚いています。 それは生きることの多様性において驚きです。ものと疑問。 優れた科学者の外観は目にふれているこれほど知的な柔軟性です。
また、センター問題である癌に関する記録は科学です。 腫瘍(腫瘍)のサイズと抗ガン剤の効果は見られます、そして、それをグラフになどなどの病気は客観的に見られます。 そして、件数が小さいように、この種類のデータは不十分です、そして、系統誤差は出されていませんが、それは新聞で発行された様々な癌の5番目の年生zonritsuに関する記事からそれを指摘します。 そして、それがデータを広げて、治療成績を平らにして、回復して欲しいと書くのに必要でない間、良いので、長い寿命の間望んでいるとき、患者の願望は説明されます。 そして、それは、患者のブログが集められて、データベースに行くので、知的集積を単なる統計と異なるようにするように提唱されます。 それは重要です。
「すべてのすべてが異なっています。 事業部は新しいもの、および代替を置いて、エンジンが悪化する1個の歯車を取り出すのと異なっています。 」カエデの多様性に驚いている科学者が実際に生きることの個人差を感じる、もの、強く更新して、説明しているので。
それ、サイコロとそれ、反対にするべきになってください。 科学者はいつもこの最も厳しい現実の記述に顔を出します。 科学が識者と人間性の混合物のため本物になることが教えられます。 それが「ushaをushaに想像して、送るという詩」です。 「「1000年の風になってください」。」 「それが実際に死ぬのを理解してください。そうすれば、行っている人についても局面で幻を見たがっている少ない数の人々がいます。 または、唯一のそれはwatashiichi人ですか?」それは書きます。 その状況で会って、衝撃を受け取ったとき、評論家は導入されたマザー・テレサの話の衝撃でした。 彼女自身の単語として「私は理由を扱うでしょう。 神が存在しないなら、精神がいません。 そこであるなら、キリストは精神ではありません。 ほんとうは、あなたがどちらかでないことで」しかしながら、それを導入します、そして、彼女が「近くに、神は全くいない」という疑問を持ち続けたので、それは存在しています。 「聖者で満たされた人の精神にはそのような闘争(闘争)がいた無神論者の私には、それは非常に予期していませんでした」と書いて、ちょっとこれを読んで、安心しているいつです。 それが佐々木(それは粗末ですか?)が宗教のために新聞に会った**について「毎日のこの(これ)トレーニング」に興味を持っているそして外で見に行きます。 ..(する. . 見つける、) 仏教への現代科学と同じ原則について。 「どのように。 それは議論好きです。 」それは弾み風に書きます。 私は、それが、科学者が現在考えるべきであるテーマの1つであると思います。
この本は、「最初の3カ月」の章から始めて、3カ月後に区切られて、残念なことに第4章の間、終わるでしょう。 庭で咲く花は、写真であり、各章で観測されます、そして、それは最後まで、続きます。 それは花の役割を考えます。 それは、死ぬ前の効率的な1カ月であり、「科学への序論」、および「環境と災害」に時間を割く時に用法を考えることになっています。 書いてください。科学者が楽天家であるべきであることは、最後まで、次世代を見なします。
他方では、気付くとき、(脅かすのを脅かすこと)に行くとき、それがある、「私が存在した、現在高度な世界でサインを出ずに見えなくなる、」 あなたが死をしたがって、こわがらせるとき。 大きい方が作者の感じと同じ思いと共にマザー・テレサの心の闘争で残されていたとき、胸で圧迫されると感じるようになりますが、感謝したいと思います。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん:テーマに新宿でイベント--27、28日 /東京 »
« 生演奏で白血病の症状が大幅改善 ウィーン・フィルで実験