生演奏で白血病の症状が大幅改善 ウィーン・フィルで実験

生演奏で白血病の症状が大幅改善 ウィーン・フィルで実験

【ウィーンにおける6日の協力】ウィーン薬としての大きい同じくらい調査チームは、有名なウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のバイオリニストが白血病患者の病室で世界中で人生を実行した実験をしたとき、血圧の減少が続いたように、兆候がそれを大いに改良したと発表しました。 ストレス解消が有効であったと思われます。 地元マスコミは6日までにそれを言いました。
それは2年前に始まります、そして、骨髄移植を受ける15人の患者やバイオリニストなどの6人のバンドのメンバーが実験に参加します。 移植手術とバッハなどの旋律が横20分に関するベッドに実行されたそれぞれ数日後に、バンドのメンバーは、病室を訪問しました。
患者の緊張は音楽で解かれました、そして、安定していました、そして、血圧以外に心拍数に続けられていた状態は、働いた後に、働いている間、下がりました。 性能は言われています。患者がCDを聞くので、性能が再考されるときはいつも、それがCD、および素晴らしい結果に記録されるのは、出て来ました。 患者から精神的効果を強調する声は出て来ました。
「白血病患者は巨大な圧力を保持していましたが、すべての15人から非常に積極的な反応を得ました。」と、チームは説明します。 バンドのメンバーは、また、「コンサート会場(リスナー)にあるのが感じられたより強かった債券」と言ったように思えます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


今週の本棚:中村桂子・評 『がんと闘った科学者の記録』=戸塚洋二・著、立花隆・編 »
« 急性骨髄性白血病:安慶名さんに支援の輪が広がる 70店以上に募金箱