がん検診、県内で受診者減 新制度で手続き煩雑化

がん検診、県内で受診者減 新制度で手続き煩雑化

自治体が実行する癌の診察の医師に相談する人の数は県の中で徳島を減少させます。 それが原因であると思われる、それ、相談プロシージャのもの、それは、メタボリック症候群が年度2008に始まったのを防ぐのに特定の健康診断のものの機会を利用しながら、複雑になりました。 このままでは、国のそばのシステム変更はがんの早期発見を擾乱するようになるかもしれません。 医師は、「必ず、癌の診察を受けます。」と強調しています。

健康増進法によって備えられた癌の診察と試験が老人保健法に基礎づけた基本的な健康は、自治体で従って、今までのところ、同時に、手順に従うことができました。 基本的な健康診断は医療保険人(国民健康保険と健康保険など)が年度2008に国での医療制度改革で実行する特定の健康診断に移行します。 癌の診察と特定の健康診断のガイドは別々に達するようになりました、そして、手順は物の居住者の下で複雑になりました。
年度2007に、県の県の健康な改良部によると、癌の診察(胃、肺、大腸、ミルク、および子宮)に関して医師に相談する人は、合計で約11万人です。 年度2008に医師に相談する人の数がまだ決着していませんが、減少が確実であると言われています。
胃癌診察は年度2007年代の3359年に年度2008に阿南市の2461人まで減少します、そして、大腸癌診察は2944年から2521人までも減少しました。 それは、都市のヘルス・センターで手順を理解するためにそれを一体どうならせるのに困難を加えます。 74歳ですが、特定の健康診断には癌の診察における、時代の上界がありません(75歳以上は後期高齢者医療の健康診査です)。「また、それを誤解したそれにもかかわらず、単に74歳以下までにあるように癌の診察を思えて、物と人になってください。」Itはそれを分析します。
意気消沈するのは前立腺癌の診察などの自治体がオリジナルであるという診察としに出かけました。 半数が、1万74回の年度2007年代に年度2008に徳島市で医師に相談した人の数で以下の4622人になりました。前立腺癌の診察。 するのが、可能であり、それは、同時に、実行話題が年度2007に基本的な健康診断によって癌の診察に必要な血液を集めながら変化した年度2008に別々にするようになったふりをします。
医師に相談した人が、また、半減したので、徳島市のヘルス・センターに従って、前立腺癌の発見の数は64回の年度2007年代から15人まで暴落しました。 seinoboが治療する都市の前立腺癌の診察委員会の医師の協会の議長の宇都宮「前立腺癌は早期発見で必ず回復します。 採血するのがどんな医療機関も作るので、私は、必ず、それを受け取って欲しいと思います。 」それは呼びます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


急性骨髄性白血病:安慶名さんに支援の輪が広がる 70店以上に募金箱 »
« がん登録 国と一元化/都道府県間 罹患率・生存率を比較