がん登録 国と一元化/都道府県間 罹患率・生存率を比較

がん登録 国と一元化/都道府県間 罹患率・生存率を比較

県の国民健康保険と健康な改良部は5日までに国で癌患者を標準のシステムへのデータベースにした「地方の癌登録」のシステムを統一する政策について決めました。 今までのところシステムが県と病院の間の相違であったので、県の癌の現実は正確に理解できませんでした。 罹患率、癌の生存率などは管理部門の間で比較されます、そして、それはがん対策にうまく利用されます。 死亡率の改善率を理解するなら、改良による前進の手段であり、進められて、自治体を取ることができます。 県は政府の「経済恐慌測定」、およびシステムの維持費などへの合計を補正予算案に受け取ります。 それは、県議会の6月に例会にそれを提出します。 (***そのうえ、*はreiです。)

癌(悪性新生物)は県の死の住民の原因における大部分占領します、そして、2613人は、2007年に死にます。 扱った後に、癌を伴う死が死亡届で理解される間、単に癌登録でそれぞれの癌のなどの生存率と改善率の計算に必要な罹患率を理解できます。
地方の癌登録を実行するのは沖縄を含む年度2008×35Dofuの端現在、県です。 13の県が国で標準のシステムを紹介しましたが、県はそれを非実行します。 登録項目と領域に従って異なった手順で、全国的な価値の計算と領域での比較は難しいです。
県は、1988年に地方の癌登録を始めます。 登録漏出が医療関係者から行く可能性は提出から指摘されて、主な病院にスタッフを送りましたが、などが病歴へのそれぞれの病院の規格をオリジナルに基礎づけて、癌であると思われた病歴を合計するための「出張採録」方法が採られるということです。
他方では、県の癌の診療ベース病院の琉球大学病院に医学部の付属を含む9つの病院が、国の県の11の病院が導入した「院内がん登録」の標準の登録制に沿って登録支援ソフトウェアを使用します。 しかしながら、県が実行している地方の癌登録は、データを交換できないで、「二重基準」状態です。
大きいことの増田**ninのセンターヘッドはこの病院のがんセンターを付けました。「増加の原因は古いですか、どの癌が現在の状況の下で増加したかを知りませんが、それは診察に歯止めをかけましたか?Itは分かりません。 罹患率の改善率などと死亡率のような正確なデータが全くなければ、また、がん対策はあいまいになります。 」標準化。予想します。重要。統計。分析。政策。うまく利用します。住民、県について。貢献。強調します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん検診、県内で受診者減 新制度で手続き煩雑化 »
« がんと闘う命の調べ