がんと闘う命の調べ

がんと闘う命の調べ

鹿児島市の7日に関する元の旋律は癌との戦いがシンポジウムを開いている間、行動し続ける作曲家について「種類と人生に、協定します」。 鹿児島の少女の短期的な大名の名誉教授の、そして、斉藤正裕の(77)(住宅団地2の鹿児島市の玉里アパート)。 警棒は願望、「来年必ずするというわけではないのは、可能であること」によって震動させられます。 (Kengo Umeno)

さん/さん 斉藤が鹿児島大学教育省から音楽部に目盛りを付けて、高校と短大で樺を取って、などLocalsが中に集められる、転送の目的地の側、鹿児島市、および宮崎市で、など、コーラス、およびブラスバンドは形成されます。 作曲家として扱われた旋律は、300を超えています。
それは開発する1987であります。すい臓、(suizou) 癌のように。 それは94における脳内出血で低下しました。 後遺症のため歌って、長い間ピアノを弾くのは不可能になります。 癌は2年前に直腸で見つけられました。 それでも、話されていて、「それは、病気になって、反対に良かったかもしれない」ということです。 「できるのが、実際に有効に自然に利用するフェルトであるということでした。」 ”

シンポジウムが60年間行われています。 今回、それは2003年からの11番目です。 しかしながら、静脈はリンパ浮腫で4月から5月の始まりまで妨げられました、膨れる足、そして、それが入院しました。 「今回は終わりにシンポジウムになるかもしれません。」 「ヘッド、交差しているそのようなものが願望であった、」 しかしながら、tsumaritsukoに、(69)が奨励した、「良いコンサートに行こう、」、微笑であり、それはパフォーマーなどのアレンジメントのように事務仕事のすべての議長をしました。

19はシンポジウムで発表されます。 ニュージーランドの自然が働きであると歌うスイート「美しい雲のニュージーランド」が、それが脳内出血で低下する前の日に脱稿しました。 旋律は、Ritsukoが構成した詩、Akikoの詩人与謝野詩の「白樺」などに基づいて「日食を合計する」ために適用されます。 , そして、日本人の女性の感覚も表現する歌があります。 「アンサンブルシャンテフォ」がローカルと高校生のコーラスで女性から作ったコーラスは歌います。
さん/さん 斉藤「作曲家、ミュージシャン、および聴衆の心は一つになりました、そして、救援をもって内容に行きたいと思います。 世話になっている人々だけにとっての謝意は表現できなければなりません。 」それは話します。
シンポジウムは午後2時に鹿児島市の宝物山のホールで始まります。 一般2000円と学生1000円。 問い合せ: さん/さんに 斉藤(099・220・1700)。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん登録 国と一元化/都道府県間 罹患率・生存率を比較 »
« 錦戸亮 脳腫瘍と戦う…日テレ24時間テレビスペシャルドラマ主演