浅野元知事が白血病

浅野元知事が白血病

県はサポートグループです。それと慶応義塾大学Shiro浅野(61)の鋭い成人T細胞白血病教授がいる元県知事は3番目を理解していました。 浅野さんは4日にMedical Science付属病院(東京港区)の東京大学Instituteで入院します。
浅野さんは4日後のスケジュールとパーティーに従った処理の濃縮が関したすべてを取り消します。 放射線治療などの化学療法による完治は言われています。それは難しいです、そして、骨髄移植が必要です。 友人は今月の1日で「Shiro浅野を支持したミーティング」を設立しました、そして、骨髄バンクのドナー登録を求めたアプローチは、始められました。 約280の個人とグループが既に全国を通じて加わりました。
3日に知事時代にそれを支持した人などの約20人は県の中で推測しました、そして、このミーティングの県のブランチは始めさせられました。 将来県の骨髄バンクの販売促進に取り組むグループと提携してサポートの円は広げられる予定です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


浅野史郎氏、急性白血病で緊急入院 (1/2ページ) »
« がんの痛み語り合い 患者、医療者「行動の大切さ実感」