がんの痛み語り合い 患者、医療者「行動の大切さ実感」

がんの痛み語り合い 患者、医療者「行動の大切さ実感」

「近づくので、現在であっただけでよいのは、近い考えです」、「だれも相談しないことができませんでした、そして、孤独でした」。 「(**医学校がんセンターの後援に所属する大きい病院)に会う最初の沖縄癌患者yuntakuが、3日に**大きい医学部で持たれていました。」 話したなら、それは良い状態で話しました。患者、家族、遺族、および集める約50人の医療従事者、癌で各経験から、よりよく生きるために、まさしくそのです。それは自発的に癌であり、乳癌と戦われることへのMichiko(60)=「ほんとうは、**乳母に来るのは、おびえていました」とそんなに無くなった状態で話した那覇市父親当然のsonawaseです。 Sonawaseによる父親が病気人生に対して**乳母と戦いを費やして、戻らなかった人になったということです。 久しぶりの病院に来るとき、美しい花を見る父親に伴う議会での散歩などの慶事であり、死ぬ前に、父親を一体どうならせて、元気は思い出されました。 「十分な看病がすることができないでも、あなたは、近くに行くだけでよかったことがあるように思えました。 また、私は癌にかかりました、そして、それは父親の痛みを共有できる状態で生まれました。 」。
元看護師です、それは乳癌患者上原ひろみ(42)、および=の那覇市=です:「それは躊躇します、医師と看護師に相談しても忙しいのが理解されるのでその’もののThese種類’を言って。 家族と友人に心配を掛けたくないなら、反対に言うのは、可能ではありません。 」患者の心理は話されました。 「心配な多くの患者が単独でいます。 癌に反対になるようにそれを支持するのが、必要です。 」それは説明しました。
子宮癌と戦うYuko吉田は、(47)=Kitadani町=に関する「子供を生まないなら、子宮は無料のバッグであったこと」を医師によって言われていて、忘れることができません。 子宮が全体のtsuであった私の自然を緩和すると言われたと思われましたが、それは捕らえられました。「また、前述の単語は考え医師患者と家族yokareを破損するかもしれません。」。ギャップは医療と患者の間で指摘されました。
また、県の癌の診療のための会議の委員会は、会いながら、yuntakuに参加しました。 フリージャーナリストの山のshironoriko: 公聴会さん/さん 吉田の話。 「女性として患者としての人生だけではなく、妻としても生命があると主張してください。 良い医療を作るのが患者と家族によって真意の単語に出されるそして形始まります。 」それは話しました。
**okaken; 日本の医療政策メカニズムのichi「医師が私をきちんと見ていないと思うとき、メカニズムを変えるのが、必要です。 県が対策を実施していないので、そこへの予算は医師がゆっくり患者を診察する余地ではありません。 県議会、さえ問題にならないで、また県の住民が声を提起していないので、それがある: それ。 」患者と家族は実際に動作の重要性を強調しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


浅野元知事が白血病 »
« けいざい・しずおか:お知らせ がんセンターが看護職員募集 /静岡