がんが死因トップ/20年本県人口動態

がんが死因トップ/20年本県人口動態

10万の人口が19.0であったので、死亡者数がこの県を1056.4と前年より高く指すのを示して、人口動態統計(丸い数)によると、厚生労働省が3番目の2年連続で公表した2008年に上昇した死亡率。
悪性新生物(癌)で県の死の最高原因は死亡者の合計の27.6%を占めました。
県の死亡者数が2万1583人(1万1340人の男性と1万243人の女性)であり、244人は前年より増加しました。
県は少ししか死亡率への上昇を分析しない「年をとるのが高度である状況に影響を及ぼすかもしれない」(健康福祉部)。
人の死の最高原因の悪性新生物の死亡者数は5954人による前年のものよりさらに19人です。
死亡率は291.4×2.9ポイントと共に上昇しました。
二次的に全体の脳血管疾患17.4%と3の死亡者数が13.2であった、%、あらゆる2848が死因に従ってあった多くの精神病の死亡者数で3747人毎を住ませます。
それは死の3つの最高原因だけで58.2%を占めます、そして、両方が生活習慣病です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


けいざい・しずおか:お知らせ がんセンターが看護職員募集 /静岡 »
« 励まし合える場所に 大館にがん患者友の会