励まし合える場所に 大館にがん患者友の会

励まし合える場所に 大館にがん患者友の会

病気経験に対する癌の戦いがある秋田県のOdate市の市民ボランティアは、3日に「Odate地区癌患者ファンクラブ」を設立しました。 彼らが市民を中心に置いて、始まるのをさせる癌患者グループは、県の中に市の秋田秋田だけにあって、県で北の1回目です。 メンバーは病気経験に対する戦い、および治療情報などに関して互いに話します、そして、それは奨励されたお互いであるかもしれない場所作成を目的とします。
約30人は元患者の周りでOdateの市の総合病院であった構成協会に参加しました。 設立準備の中心になったアキオ・土門(71)が、元高校教師として同じ都市で代表に選出されます。 保持された1つが最初に毎月水曜日にこの病院で接待して、相談された活動方針は、お互いを心配させて、医師を招待しました、そして、保持されて、講演はメンバーによって互いに確認されました。
また、人の名前がメンバーの心配ものの相談に従ってメンバーに加えられるために許容された道と都市の看護師は病気に対する癌の戦い以外に人と家族を経験しました。 胃癌が話したように、病気に対する戦いがそのようなものになった土門代表によって、「それが互いにまだ名義のお互いを知っていなかった人のグループであったのにもかかわらずの、将来、交換を深めて、それを奨励する行くのがお互いであったならばそうしたがっていました。」

ファンクラブは秋田都市の患者団体と提携して癌予防の啓発活動に取り組む予定です。 この他、それは言われています。などが「社会を返す元患者の人生の品質を向上させるのに努力したいと思う」として(土門代表)保持されて、メンバーのものが気にする十和田八幡平国立公園の散歩協会とボディーのリフレッシュは試みられます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんが死因トップ/20年本県人口動態 »
« 浅野前宮城県知事 急性白血病できょう入院