<がん>虫下しで退治? 「副作用ない薬」開発できるかも

<がん>虫下しで退治? 「副作用ない薬」開発できるかも

同じくらいがエネルギーを発生させる新陳代謝の方法がどれであるかとして慶応義塾大学の最新の人生科学研究所(山形県の鶴岡市)と国立がんセンターの東病院からのすい臓癌と大腸癌のセルや回虫などの寄生虫で高いかによる(千葉県のオーク都市)ジョイントである可能性がresearchsされるのが理解されます。 駆虫剤が人体と回虫だけに影響を及ぼさないときの殺されたアウトが開発できるかもしれないという副作用のない抗ガン剤によることであると言われています。 ****実験室の蘇我(分析化学)の教授「酸素の薄い場所で増殖した癌細胞を代謝する方法は発見できました。 他の癌を調べたいと思います。 」それは話します。
一般に、生き物のセルは酸素とエネルギーを得ます。取り「クエン酸息」で、得ます。 しかしながら、不十分な酸素で小腸に入るとき、フマル酸から変換された琥珀酸は、高密度に蓄積されています、そして、回虫はエネルギーを発生させる「フマル酸息」で代謝されています。 駆虫剤の一部が、これを適用することによってフマル酸から琥珀酸までの変換に必要な酵素を攻撃して、不可能でフマル酸息をするので、人体に影響を及ぼして、外で回虫だけを殺しません。
他方では、血管が全く回虫と同様に環境になくても、すい臓癌や大腸癌などの癌細胞は活発に増殖します、そして、酸素は不十分です。 この病院はこれに注意を向けます。 04における悪性のすい臓癌のセルに駆虫剤を施したとき、癌細胞は、死に絶えました。
回虫であるときに、実験室がそれが確かめた、また、大腸癌の組織で寝ずに起きている代謝物質覆いを分析した「メタボリック症候群ローム分析」でこの実験結果を受けて、大腸癌のセルを調べることの結果、見られた琥珀酸の高密度の蓄積は、フマル酸を吸いました。
それが血管から酸素を取り込むと予想されると言われていて、フマル酸は胃癌と肺癌のセルに吸われないでしょう。
蘇我教授「大腸癌のセルは高いです、そして、フマル酸を吸う可能性は琥珀酸の蓄積によって高いです。 それは将来さらに研究を進めるでしょう、そして、立証されます。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


韓国のがん治療直接・間接費、年間14兆ウォン超 »
« がん細胞と寄生虫、代謝が類似