がん細胞と寄生虫、代謝が類似

がん細胞と寄生虫、代謝が類似

蘇我教授などの慶応義塾大学と証拠のポイント実験室
****慶応義塾大学の最新の人生科学研究所(鶴岡市)の蘇我の国立がんセンターの東病院(千葉県のオーク都市)と教授でそれを入り江のtsunohiroshiからディレクターの下側にした研究グループは、それが同様のメカニズムであると立証しました、そして、癌細胞が増殖したとき、代謝が低酸素状態の腸で行動した寄生虫を代謝するのと同じであったかどうかが、合衆国癌のジャーナルのホームページの上で発表しました。 蘇我教授は、「また、寄生虫を駆除する駆虫剤薬が、抗ガン剤になる可能性があります」と仮定して、将来視点における新しい薬の開発を進めながら、研究を始めるでしょう。
ディレクターが発見する、皆殺しにする入り江の角が、働いていて、回虫を殺す駆虫剤薬にある癌細胞は2004年に腸のなどで寄生的です。 低酸素の中で増殖する癌細胞が、低酸素状態の腸で同様の代謝で行動する回虫と共にエネルギーを発生させて、研究を唱えたと立証されるなら駆虫剤薬が癌で扱うメカニズムが解明できると思われます。
それにはまもなくセルの中の代謝から作られた材料について測定して、分析した技術があって、この実験室は、大腸癌患者正常細胞と癌細胞の代謝物質と胃癌を分析して、比較しました。 その結果、それは、回虫が癌細胞にさえ代謝されたとき、高密度な琥珀酸を蓄積して、同様の代謝をするために現象を観測できると立証できました。
それがわずかな副作用への抗ガン剤の将来癌細胞を代謝するだけでありながら妨害される開発につながると思われるでしょう。 その回虫を言って、はっきりさせられるなら抗ガン剤としてそれがあって、「それはかなりの同じことである」ので、現在駆虫剤薬を使用できる可能性があるので、癌細胞を代謝するメカニズムは、新しい薬の開発期間を大いに短くすることができると言います。

そして、入り江の角にあるディレクターが論評されていて、「画期的な抗癌の薬を開発した始めは、作られた」ということである、: 蘇我教授で。 「研究結果は画期的です。 さらに、それは、メカニズムの明確化を急いで、特効薬開発の可能性につながりたがっています。 」それはそれを作ります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


<がん>虫下しで退治? 「副作用ない薬」開発できるかも »
« 世界禁煙デー:おはだの健康とがん予防に禁煙を 新居浜でコンサートと講演 /愛媛