世界禁煙デー:おはだの健康とがん予防に禁煙を 新居浜でコンサートと講演 /愛媛

世界禁煙デー:おはだの健康とがん予防に禁煙を 新居浜でコンサートと講演 /愛媛

それはコンサートと講演で呼びます。30日に講演としてコンサートにおける禁煙を求めた「ohadaとコンサートの心と健康な講演」(毎日新聞松山支店などのように、バックアップをとる)は、新居浜市Shonai町4の都市の医師のホールでした、そして、女性から成った約140人が、参加しました。
都市の医師の協会は、31日の世界禁煙デーを記念しながら、それをつかみます。 それは今年の3月にオーストラリアのただ一つの交差点散歩を達成した、オーストラリア、およびマークgibunsuで癌の撲滅キャンペーンに取り組みます:「約300日の人々は日本の癌で死にました。 癌にかかっていないので、禁煙しましょう。 」それは上告されました。
皮膚科医。習得します。都市。治療します。副議長。美人。秘密。)..権利を与えます。lecture.Itは、皮膚がマニキュアが長期に残されていて、型が荷造りしながら発生するケースと紫外線で老いたと説明しました。 それはそれで「すべてが皮膚でどのように注意したとしても喫煙するので、損なわれた」などと禁煙を求めました。 そのうえ、 デュオによるコンサート、県の2人の女性が来る「クレアとにおい」、保持されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん細胞と寄生虫、代謝が類似 »
« 忌野清志郎さんから贈られた直筆の手紙を手に笑顔を見せる甲斐賢太君