忌野清志郎さんから贈られた直筆の手紙を手に笑顔を見せる甲斐賢太君

忌野清志郎さんから贈られた直筆の手紙を手に笑顔を見せる甲斐賢太君

「一緒に持ち堪えましょう。」 「癌のため2番目の上でこの世を去ったロック歌手とSeishiro忌野=享年は、病気内部に対する2006の戦い年夏の58=のように手紙がある幼い癌(5)に苦しむように日向市のzaihikateraの効果kashikofutoに叫び声を送りました。」

それはSeishiroの死に関するニュースを受け取ります、そして、chichiyuzutsukasadoは(42)をsanします:「それは私が苦痛であったとしても人に同情した親切で深く感動させました。 手紙が見られるなら、それは積極的になります。 」。手紙は、家族として家のドアで量を入れて、飾り付けをされて、現在kashikofutoを奨励し続けます。
Kashikofutoは1歳での悪性リンパ腫と診断されました。 それは抗ガン剤処理もじゃがいももなしで2度再発しました、そして、治療法は骨髄移植に切り換えられました。 Yuzutsukasadoはクリーンルームで病気人生に対する長くて、苦痛な戦いを顧みます、「すべての家族が物理的に精神的に限界に来ていました」と言って。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


世界禁煙デー:おはだの健康とがん予防に禁煙を 新居浜でコンサートと講演 /愛媛 »
« 「病院の実力 2009 がんと闘う」(読売新聞社刊)