「病院の実力 2009 がんと闘う」(読売新聞社刊)

「病院の実力 2009 がんと闘う」(読売新聞社刊)

癌は「病院の能力」からシリーズの下で集められました、そして、それは雑誌としてそれを発行しました。 12種類の同様の前立腺、子宮、卵巣、toukubi(Kei)癌のなどでそれを始めたのが肺や、胃や、大腸や、肝臓や、乳癌などの多くの数の患者がいる部分以外にあります。 それぞれの部分の医師インタビュー癌の診察以外になど特集記事は発表されます。 それは一般的興味店と読売新聞の本で店650円(税込みで)扱います。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


忌野清志郎さんから贈られた直筆の手紙を手に笑顔を見せる甲斐賢太君 »
« 白血病の長男を10歳で失う 『がんの子どもを守る会』で活躍 野田沢郁子さん