白血病の長男を10歳で失う 『がんの子どもを守る会』で活躍 野田沢郁子さん

白血病の長男を10歳で失う 『がんの子どもを守る会』で活躍 野田沢郁子さん

《Novel「水晶シャワー」による自分自身の費用では、.. ..eldest son**が今年hideshiの13回の記念日) 最後の10歳での12月の..the死に言い寄るために発行していたということであった、(… 川越市が公衆に知らせることによって偶然それを見つけた文の教室に向かって、研究を重ねて、**で思い出を小説に記録するので、それは殴られました。

それは、サービスを保持する意味を置いて、転機の時代にいなくなって、何らかの形にそれを出たがっていました。 それが病気でしたが、目立ちたがり屋であった**が「本でそれを出してください」とものすごく言ったと感じられました。 その単語は、突然ひどく相次いで書き始めると考えました、そして、浮かびました、そして、それは去年の2月の3カ月の残りで脱稿しました。
《**は8カ月の歳のときに頻繁に発熱して、ひざの痛みに懇願するようになりました。 病院、および病気人生に対する戦いにそれを持って行くときの急性リンパ性白血病が何年間も7カ月8に出発したとき、それは診断されました。 》

最初の4カ月はその後、3カ月毎に抗ガン剤処理のために入院している間、幼稚園に入るまで入院しました。 それは4年生の11月に小学校に入るときぶり返しを繰り返す旅行を始めました。 しかしながら、交通事故のため突然損をすることと異なってそれを決定するのは、可能でした。 家でかわいそうだと思うとき、それは一緒に**のためにかわいそうだと思います。 ..笑る。 私に喜ばせられて、**が喜ばせるreba。 それは、そのように明確に思いながら、出かけました。 これまで付けられるのは、ものすごく気持ちのアレンジメントを考えましたが、本を出したことによって、簡単になりました。
《家族より長生きする、話の話が息子でだれかからいつも見るのは、天国へ呼び出されて、両方を歩かせます。 家族さんの実話と想像が織る野田湿地帯であり、それはそうです。幻想を働かせてください。totono終わっています。 天国からの奨励は受け取られています、そして、姉はプロのShogiプレーヤーになります、そして、話は終わります。 》

**の(25)が夏に女性のプロのShogiプレーヤーとして長女で高校の一年、および現実における行為で職能試験を通過するAneirodo**。 それは支持されませんでした。[**].. attano。irodo**、および彼らは近くいました。看病、将棋教室に行かされます。 そして、それは将棋がものすごく好きでした。 **の病気が全くなければ、それは将棋を含んでいないでしょうに。 それは何にも不平を言いませんでしたが、irodo**に耐えたように思えます。 私が望みを考える、I。dainimo今日のdaimaの自然は両親を管理しませんが、今日、可能性と共に注意を向けてください。いいえはターンします、それが多くそうです。
《それは基礎に参加します。**を浪費したがっていないという願望によって「それに会うと、小児癌患者は弁護されること」が、死です。 現在。関東。分岐してください。マネージャ。癌。子供。損をしてください。両親。心のケア。小児科。安らぎ。行動してください。》

仲間の存在のサイズは実際に**の看病で感じられました。 人がどんな経験もしなかったなら、それを支持するのは、可能ではありません。 家からさめざめと泣くことによって行くのが、可能でなく、悲しみが無期限に回復しない人がいます。 ミーティングに参加できない人は、水晶シャワーを浴びて欲しいです。 それは目新しい状態で生気を与えるように、誤解された真意ではありませんでしたが、私は完全に神秘的な経験をしました。 **が本当に天国にあります。 死者という精神がいて、死者の灰を横たえることができない遺族がいますが、あなたを手に入れるとまた、思われるなら、また、ネイチャーと気持ちは簡単になります。  (山口賢人)

1953年の北海道苫小牧市の出生。 それは女子美術大学で芸術学部を卒業します、そして、27歳のときに、結婚します。 それは長男**が89年間入院する一般病院を川越市のどこ埼玉医科大学に取り外すか。 打ち勝った、自らに文化交流グループの日本代表として機能される、「Yunippu、」 乳癌ですが、また、去年の7月は自らによって見つけられました。 カリグラフィー、9ステップの技術の将棋などのような日本文化を世界に送ります。 「水晶シャワー」への問い合せ: maboroshifuyuと、**ルネッサンス(TEL)は03(5411)6710=と等しいです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「病院の実力 2009 がんと闘う」(読売新聞社刊) »
« 発がん性を予測する新試験法開発/神奈川県衛生研究所