発がん性を予測する新試験法開発/神奈川県衛生研究所

発がん性を予測する新試験法開発/神奈川県衛生研究所

県の衛生研究所(茅ケ崎市の街店)の主任研究員と清見Omori(44)は食物などに含まれた化学物質の発癌性を予測した新しい調査方法を開発しました。実験の例は現在、国際的な認識のための様々な材料で重ねられますが、精度が高い結果は出て来ました。 足の課すのはそうです。15年間もつ結果を研究してください。熱心であることで、「技術として神奈川からそれを設立したいと思います」。

化学物質の発癌が露出している「促進段階」などの多段階床で起こると思われる、遺伝子、化学物質に、変異してください、そして、損害を受け取る「初期段階」と損害を受け取る遺伝子を変えてください、そして、増殖してください、そして、腫瘍(腫瘍)を発生させてください。
初期段階に癌にかかったかどうか調べる試験の「遺伝毒性」試験の多くの方法が、1970年代に開発されて、存在していますが、発癌性が逃されている化学物質はこの調査方法で判明します。 それを補うために、Omoriさんは調査方法が約94年間国際的に確立されていなかった促進段階で試験方法開発を始めました。
活性型のがん遺伝子をマウスの胎児から集められた細胞株に組み込む「Bhas(両性愛者のhasu)42のセル」を使用するのは、Omoriさんが開発した「変化調査方法」です。 このセルへの発癌販売促進動作が遺伝子が初期段階に人工的に損害を受け取ったという状態に入れられて、3週間それを培養している状態で、材料などのサンプルを加えることによって、セル人工の癌のキャラクタを伴う腫瘍を検出できます。
初期段階がこのセルを使用することによって処理される時を節約できるので、費用は抑圧されます。 試験の期間が何カ月もの先間の約2?3週間まで短くすることができたと言われています。
検証がOmoriさんの技術のように国内の製薬会社や、大学や、公的研究機関などの14の組織によって既に行われました、そして、研究環境にかかわらず相似検定結果を得る精度の高さは立証されています。 そのうえ、安全はタバコの煙と大気の中で食物だけではなく、排ガスの環境分野の周りでも調べられます。
それが国際的に認識されるように実験の例を広げて、腫瘍が詳細に現れるメカニズムについて確かめるのが、必要です。 さらに、約200の化学物質であるのにもかかわらずの、5はプレゼントによって調べられました–年間10年間必要であると予想されるItは、言われています。
Omoriさん「それは見るなら何も電流で道を支持しないという約5年です。 身近な方によって実用につけられるなら、化学物質は多岐の男性人生に使用できるはずです。 それは正直に研究し続けます。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


白血病の長男を10歳で失う 『がんの子どもを守る会』で活躍 野田沢郁子さん »
« 子宮頸がん・乳がん検診に無料クーポン券を配布