子宮頸がん・乳がん検診に無料クーポン券を配布

子宮頸がん・乳がん検診に無料クーポン券を配布

Aから、自由です。厚生労働省それを分配するとき、子宮子宮癌のバウチャーと29番目の(Kei)における乳癌診察は診察物の年令の約760万人の女性に公表されました。
診察ともっともレートが本年度に補正予算で約216億円投資する現在の相談の両方が約20%です、そして、それは50%の受診率を目的とします。
今年、分配物は、子宮子宮癌の場合の20、25、30、35になった400万人と、昨年の4月2日と4月1日の間の40歳です。 乳癌は、40、45、50、55、および60歳の同時の期間にターンした約450万人です。 40歳の91万人は調べられます。
診察組織に全国を通じてバウチャーを使用できます、そして、有効期間は1年間の半分間、使用されます。 問題の人の名前は記入されます、そして、移します、そして、それを売買するのは、可能ではありません。 各市区の町と村は6月の終わりに関して物の人を記載して、夏頃に早い自治体で送られると予想されます。
通常、市区の町と村は、2つの診察に地方交付税を使用して、実行します。 診察費用の自己負担額はそれを近い自治体にします。自由な自治体がまた、ありますが、それぞれのために2000の中の90パーセントを円にしています。 それは合衆国より下ろすことであり、イギリスは政府が医師ですが、80%が2年に一度約20%で定期的な診察を推薦しながら相談するその70ですか?
慶応義塾大学(産婦人科)の青木大輔教授「私は、それが相談の機会を作る意味で良いと思います。 しかしながら、不公平感は出て来るかもしれません、そして、単に単一の年度にそれを考えるのが、必要です。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


発がん性を予測する新試験法開発/神奈川県衛生研究所 »
« 原爆症訴訟:「国も早く認めて」がんで他界の姉を代弁