08年度・被爆者対象「がん検診」 態勢不備で一部未受診 鹿児島県 医療機関と契約遅れ

08年度・被爆者対象「がん検診」 態勢不備で一部未受診 鹿児島県 医療機関と契約遅れ

「癌の診察」による国による年度2008に県の鹿児島の何人かの被爆者に受け取られていない被爆者のためのするのが27番目を理解していたということであるということです。 ビジネスが国によって委託されている県の理由は診察が受け取られている医療機関と医療機関の数を増加させようとしたという結果の契約締結が遅れて、県の健康な改良部が話しているということです、と「癌の診察の機会を奪うために、謝ります」。

国は、毎年、財政的な救援のための法に基づく「一般診察」と「癌の診察」を原爆被災者に実行します。 望みに応じて、癌の診察で胃や、肺や、子宮などの6つの項目を受け取ります。
それは年一度です、県が診察を受け入れる医療機関との契約を締結します。 癌の診察は、医学の団体9場所であり、県の健康な改良部によると、年度2007に契約されます。 合計で620人は約1200人の被爆者の中で医師に相談しました。
被爆者は決めます、そして、県は診察が年度2008の応じることで増加するように受けられる医療機関の数について要求に決めます、「近い場所で医師にできるだけ相談したいと思います」と言って。 「「癌」。」「一般」 場所とそれが契約する予定であった9?30の26?300までの場所まで調整されました。
しかしながら、「一般」の医療機関が大いに増加している状態で、請負工事で時間がかかります、そして、「癌」の契約は今年の2月の中旬の1場所のdomariです。 koがあったので、400が合計で人々であったならば医師に相談した人が、熱せられます。出発、診察に従って。, また、どんな存在も医療機関の被爆者で契約を結びませんでしたが、それは訪問されました。 この分割は、診察が平年の約600人の相談からの何人かの被爆者に受けられなかったと思います。
この分割は本年度に謝罪の言葉と共に医師に相談できる状態で生まれた31の医療機関を記録したドキュメントを被爆者に送りました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


原爆症訴訟:「国も早く認めて」がんで他界の姉を代弁 »
« 【イタすぎるセレブ達】ブルック・シールズ告白、顔面に前がん状態の新生物で手術を受けていた。