【イタすぎるセレブ達】ブルック・シールズ告白、顔面に前がん状態の新生物で手術を受けていた。

【イタすぎるセレブ達】ブルック・シールズ告白、顔面に前がん状態の新生物で手術を受けていた。

それははっきりさせられました。あめ色皮膚を自慢した女優のブルック・シールズ(43)が協会で十二分に10代の日焼けと結婚などをプレーされたテニス選手アンドレ・アガシに楽しんで、前癌の状態の皮膚細胞の除去術を受け続けていたのは、先を15歳のときに働いた大ヒット映画’青のLagoon’を少し含む皮膚科学でしかめっ面をしました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


08年度・被爆者対象「がん検診」 態勢不備で一部未受診 鹿児島県 医療機関と契約遅れ »
« がんサロン 県内初開設から1カ月半