がんサロン 県内初開設から1カ月半

がんサロン 県内初開設から1カ月半

月に作られた「たんぽぽ客間。」 癌の治療を経験した元患者のボランティアが週の間の3日にそれを受け取る=柳井市のShuto総合病院

それが話す「癌の客間」は、治療法などで癌患者と家族で心配して、情報交換します。お互い。 先月、Shuto総合病院(柳井市)は県で初めて、7つの癌のベース病院の「たんぽぽ客間」が上手でした。 それは活動を始めました、そして、残りのアプローチは1.5カ月見られました。
(斉藤をyasushishiします)

- 和らげるのに。「患者話と不安な場所。」DVD。 ..arutteそれを聞きました。 ”

先月の28日。 したがって、材料が黄色い交差点が置かれたテーブルに関連して、多量のソファーと様々な癌などが並んだ約6枚のマットの部屋を訪問した若い女性は、ボランティアに電話をしました。 女性は、肺癌治療に関するDVDなどのいくつかの断片を借りて、場所を後部にしました。

火曜日に、Shutoの総合病院の東パビリオンと地域医療福祉に1階への余地のそばのヌードルの1つの余地が毎週ありますか?Itは1週間に3回の木曜日の「たんぽぽ客間」になります。 元癌患者の女性のボランティア以外に午前9時から午後4時が相談に応じるまで、それは癌に関する本、材料、およびDVDなどを借りることができます。

「私がいつ癌にかかったか、それがだれに相談したかが理解されなかった善良である、」 「(50) したがって、6年前に乳癌を作動させたなら、ボランティアのyamahiromi富士を顧みました。」

アームの麻痺と苦心などの後遺症が残っていたので、左の胸を取り除きますが、約1年間続けているぶり返しの不安と操作が成功したと言われています。 「検査結果を聞くのは死刑宣告を聞きに行くように思えました。」 ”

医師と見せられる看護師は、忙しく、容易に相談できませんでした。 そして、後遺症などであるときに、通院患者で身近な表面になった乳癌患者と共に容易に話されていて、「不安は無頓着の会話で公正に和らぎました」。 「癌患者が互いに話す場所があれば。」 客間の設立は病院に提案されました。 また、病院は同意しました、そして、それは先月の1日で設立に達成しました。

- 病気の名前は、与えて周知の問題であるはずがありません。始まりからの1のためのあまりに多く、半月。 現在の心配は、訪問者がわずかであるということです。 先月開いていた8日間で客間を訪問したのは15人に残っていました。 まず、客間の存在を知るのは大きな問題となります。

より多くの人々が客間を使用したとしても、設立日に関して掛ける1日あたり3と設立を報告した議会放送は、病院で始められました。 しかしながら、それが「癌」の客間であると報告されません。 「’癌’が開かれ過ぎるとき、それが来る癌患者であることは、人が知られているのが、難しくなるかもしれません。 それはまさしくそのです。周知のsubekika問題。 」(この病院の地域医療福祉の余地の総支配人のKyoko佐川)困難もあるように思えます。

客間設立の動きは言われています。進む、山口大学医学部、付属病院(宇部市)と県の一般病院(Hofu市)も県の他の癌のベース病院でそれも調べています。

富士絹山は、客間の効果で「心の負荷が患者による話に縮小するなら、病気に立ち向かうための努力をする機会になってください。」と予想しています。

どこでこの客間の接触を作るかは、Shuto総合病院(0820・22・3456)です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【イタすぎるセレブ達】ブルック・シールズ告白、顔面に前がん状態の新生物で手術を受けていた。 »
« “声がれ”要注意…忌野清志郎さん襲った「喉頭がん」