がん悪性化 仕組み解明へ

がん悪性化 仕組み解明へ

京都の大きい生命科学調査部(病理学)と東京大学(理化学研究所)の松田道路線教授のグループは25日までに癌細胞とメカニズムの悪性化で働いていた材料を確かめた新しい研究プロジェクトを始めました。 癌細胞は、最先端の画像技術とゲノム情報の超高速で、分析している装置「次世代シーケンサ」などから新しい治療法乳房発達癌と脳腫瘍(腫瘍)に分析されて、つながります。
研究プロジェクトは「セル癌の作成信号ネットワークの統合システムの分析」による文部科学省(本年度から5年)の「革新的な細胞分析研究計画」のために採用されました。
- それは乳癌と脳腫瘍新治の処理にそれを予想します。癌細胞、浸潤の悪性化、および転移に関して、などは遺伝子DNA変異だけではなく、蛋白質の合成のためにも情報を伝えるメッセンジャーRNAと様々な機能がはっきりさせられるmicroRNAの外観における変化によって引き起こされます。 しかしながら、リボ核酸が難しかった、分析、それ、種類が多く、遺伝子より覆っていました。
研究プロジェクトでは、悪性に従って、癌細胞は、2つの材料のアプローチで輝いている「FRETバイオセンサ」技術によって選択されます、そして、それぞれのセルのリボ核酸は、次世代シーケンサでそれを覆いながら、分析されます、そして、重要なリボ核酸は指定されます。 さらに、遺伝子の発現を制御する転写調節因子のグループは分析されたコンピュータです、そして、悪性の作成癌のメカニズムの全体のイメージは分子のネットワークからはっきりさせられます。
年度にマウスの癌細胞によって乳癌と処理が悪性化を防ぐことによって効果的な治療を予想できる難しくて、新しいアプローチが要求される脳腫瘍の分析は始められる予定です。 「新しい薬になる材料と処理の目標を見つけたいと思います。」と、松田教授は話しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


“声がれ”要注意…忌野清志郎さん襲った「喉頭がん」 »
« 癌(がん)化学療法による吐き気にショウガが有効