ハトムギ、広がる可能性 抗がん剤や健康維持に 北國健康生きがい支援事業

ハトムギ、広がる可能性 抗がん剤や健康維持に 北國健康生きがい支援事業

北では、はげました、そして、それはNiの金沢都市の北の**新聞Akabaで開かれた(土スプリング)ホールでした。北の**何かサポートビジネス「Adlayの健康なフォーラム?健康、美、および薬への伝統のWisdom」を生きがいとするもの健康なもの、(14番目。 それはお金の大きい大学院薬のシステム研究科の鈴木Nobutaka教授のそのtokuninであると思われているのが、古くから効果における健康のための利益と未来であったということであったハトムギの多彩な視点に関して話しました。
それが権利を与えられて、tokunin鈴木教授がいた、「健康である、ハトムギで、ハトムギと現代の西洋医学に触れながら、そんなに補われた状態で」 投薬するのが説教された1番目とそれによって補完代替手段の概念がわかったコネを生活させました。
本当に、殻と皮膚が合わせられて、その人が沸き返ったとき、皮膚癌の治療になる可能性は、抗癌の影響が上昇したという発見、およびtokuninから鈴木教授が痛みを救って、利尿剤の漢方薬、「日本が出産した伝統的な知恵が世界で役に立つのを来た1日は来る」ようになったハトムギについて説明したと欧米で急速に増加するハトムギが、どれであったかに指摘しました。

それは、抗ウイルスのような多彩な効果、反炎症、および活性酸素除去などを予想できるようにハトムギに発表されていた状態でJA氷見市のなどItと提携して売り出された紅茶のようなハトムギ製品を挿入しました。 , そして、前述であり、「時間がかかり続けることによって癌予防と健康維持につながった製品を目的としたいと思います」。

2番目の公開討論会では、’ハトムギで病気になる前」のときに、お金の大きい薬学部のtomihisashi Ota Prof.はハトムギの薬、およびスポークの上のtomiyamato**薬manasougoukenkyuujoのカズオ馬場客員教授「不健康な状態で、回復しよう’Unsicknessとして歴史を紹介しました。

金沢潟町の診療所の杉田指導官が秋にハトムギの臨床試験を始めるために説明したnaomichi、および鈴木教授がハトムギの食事効果などのような来た人から質問に答えたtokunin。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「子宮頸がん」(4)復帰の矢先 胃に腫瘍 »
« 乳がん体験絵本で世界へ