乳がん体験絵本で世界へ

乳がん体験絵本で世界へ

講師藤野を塗装する宮崎とさん
宮崎。市。塗装であること。講師。役立ちます。藤野。子供。自己。乳癌。経験します。つづります。絵本。子供。リボン。英訳。予約します。イタリア。ボローニャ。国際的。絵本。原画。展示会。exhibit.Mr. 藤野「癌と抗ガン剤処理を世界中の人に言いたいと思います。 外国がそれを発行できるなら」それはそれを予想します。 (**haは進歩をします)

この原画展示会は、毎年開かれて、絵本作家によって世界の多くの地域から示されます。 約2700人の作家が、今回参加します、そして、それは、3月の終わりにそれをつかみます。 原画で2、3の5つの断片で、新しい状態で話を調和させる進歩1と独創性などは調べられます。
また、博物館などに関連する各国の出版社と人はホールを訪問できます、そして、作家は仕事と自らの販売を促進します。 商談が成立するなら公表以外に様々な場所の展示会に展示会に出品することができるので、絵本作家の成功への道がイラストと絵本として可能になるということです。
藤野さんが通知された、中の乳癌、2007、 そして、手術と抗ガン剤処理を受けました。 抗ガン剤の副作用では、処理は、苦痛であって、苦痛でした。 苦痛であったので、それはボディーに集まりませんでした、そして、味は1日単位で変化しました、そして、髪は外れました。 しかしながら、藤野さんは、絵本を発行すると決めました、「ずっとそんなに表現を副作用で苦痛で苦痛にしなかった人々のためにそれを表したいと思います」と言って。

原画展示会はイタリアの知人から聞かれました。 既に発行された絵本に関する英訳の本は製作されました。 終面が合計でそれの5ページを記録した「皆に表現して、私たちは感謝とすべてのために感謝したくて、」 その欠乏が本で最も言われて、「自分自身の色」が出かけた癌が展示会のための原画になるように選ばれたので、感謝したいと思います。
それは世界で出版社から仕事を礼儀正しく批評します、そして、アドバイスがホールで受けられたことが示されます。 それは振り向きます、「姿勢が皆が真剣に反対であると言って、絵本で良いものを作ったということでした」と言って。 添加では、それがフェルトと、「海外の作家は表現の自由であふれました、そして、プレー心は規格に引っかからない」で、容認された刺激であると言われています。
家に帰った後に、藤野さんは、地球を作ったイタリアに企業からの交渉の申し出を持っていました。 発光を使用するイラストが、着色するのが、好かれて、子供のための地球のための地図とイラスト使用に関する交渉が高度であると言われています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ハトムギ、広がる可能性 抗がん剤や健康維持に 北國健康生きがい支援事業 »
« 闘病の仲間、新緑散策 がん患者ら気分を一新