闘病の仲間、新緑散策 がん患者ら気分を一新

闘病の仲間、新緑散策 がん患者ら気分を一新

それはローカルの急流町、および50を岩手県の米に植えに北に行く都市の男性山の周辺でした。患者と、医師と、ボランティア、23日に故郷山の中に癌患者などの散歩協会を押して行く間、交換を深めます。

それは、新鮮な緑色の、そして、新鮮な空気と小鳥の牛皮腫を楽しんでいる間、約2時間を過ごしながら、散歩道路を歩きました。 また、途中で健康維持に通じる太極拳は、経験豊富です。 ぶらついた後に、会話は、豚肉みそ汁などを食べながら、弾みました。

我慢強い協会から1番目に参加した花巻都市の女性(65)は微笑です、「夫が癌になるかもしれませんが、久しぶりの山の中を歩くのが率直に元気を得ることができて、それが閉鎖であり、群衆です」と言って。 「患者の上向きの外観はうれしいです。」と、それがリーダーとして勤めた岩手の県の中央の部分病院のサブ指導官のokishuuzouは話しました。

散歩協会は9番目です。 「向日葵の群集」に会って、現在の北の都市の周りで行動する乳癌患者と癌患者のミーティングでは、「びわの協会」は毎年、春、秋に開いています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん体験絵本で世界へ »
« 末期がん患者の96%、事前医療指示書作成に賛成