がん治療を拒否した少年、母親と逃走 米国

がん治療を拒否した少年、母親と逃走 米国

【5月22日のAFP】宗教の理由で米国ミネソタ(ミネソタ)状態の悪性リンパ腫が処理seruの裁判所命令の後に母親と共に見えなくなるので診断されて、道を両親に与えて、居場所を理解しない間に化学療法を拒否していた13歳の少年。
出廷するのは、この状態の法廷によって要求されたことですが、2人(ダニエル・ハウザー(ダニエル・ハウザー)と母親)は、19日に現れませんでした。法廷は母親の逮捕状を発行します。そのうえ、ハウザーに関して発見されるとき、すぐに養護施設を中に収容しました、そして、専門家の試験のseru道は注文されました。
その後、ハウザーが1月にホジキンリンパ腫と診断されましたが、化学療法と放射線治療が一度受け取られる場所だけで両親の意志で薬草とビタミン剤による処理だけを受けました。 化学療法で使用される薬は、今月の8日に出廷した母親のような副作用で死んだかもしれません、そして、それは家族の信仰に反して化学療法に証言しました。
もっとも、処理が受けられなかったハウザーの人生の残りが19日に5年間未満ハウザーの主治医から化学療法と放射線治療を受けたなら、生存率は上昇について80-95%証言されました。
それはそうでした。癌細胞の数の減少が1つの番目ものの処理の法廷で後に証拠として公開されたハウザーの胸部レントゲン写真で認められましたが、癌細胞がその後拡大されたのは、はっきりさせられます。 そのうえ、それが過去にハウザーの数週間の医療説明書に記録される、「状態が悪化する、非常に、」

ミネソタ国法で、保護者は少数派の子供に必要な義務を処理seruに負っています。 (c)AFP

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


末期がん患者の96%、事前医療指示書作成に賛成 »
« がん:患者、家族をサポート 来月5日、三重大でイベント /三重