がん:患者、家族をサポート 来月5日、三重大でイベント /三重

がん:患者、家族をサポート 来月5日、三重大でイベント /三重

「星が混ぜられている状態で、コーラスを声に出します。」 ..協会。 ..「実行。」
脅かされる痛い治療を我慢する癌患者と共に家族を精神的に保護する「三重の’癌の日はお互いを支持する’という支援出来事」は三重大学ホールによってぶり返しと転移への恐怖で開かれます。6月5日の津市の「3美土里ホール。」 「あなたのため重要な」癌の患者支持器の「抗ガン剤Kuniko山田のサーブをリーダーとして扱い続けるテレビタレントが、シンボルの歌を発表する星の複雑な声のコーラス(東京)」など。
NPО会社「三重の乳癌診察ネットワーク」、(広げられて、付属病院) それを後援すると改良が目的とされるユタカ竹田理事長=と三重大学医学部の代表と乳癌診察の品質。
スターの混ぜられた声のコーラスのメンバーがめぐみTatsuo梅宮ジャーナリスト鳥越Shuntaroと俳優のMasanobu高島、歌手のChiyoko島倉、および才能のtsurunoのKaibara**goushiなどの46人で構成されて、hikarusanが西田であり、シドニー・オリンピックは、背泳銀メダリストの中村真衣と歌手Takeshi Nishikioriです、そして、約20人は当日に参加します。 また、来る人が、シンボルの歌を一緒に歌います。
午後4時30分に始まります。 入り口は無料です。 最初の1600人。 問い合せはこのネットワーク事務局(059・231・5029)です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療を拒否した少年、母親と逃走 米国 »
« 貝のコハク酸にがん抑制効果