貝のコハク酸にがん抑制効果

貝のコハク酸にがん抑制効果

加藤の研究が分類する(57)=分子滋養研究=の広島大学球の科学研究科の大学院生のもののhanhisashi教授は、貝と酒の良い要素の琥珀酸が大腸癌と胃癌の癌細胞の増殖を制御すると発見しました。 近い取入口のそばで日常生活で効果を達成するので、日本酒を使用した新しい薬と新しい機能性食品以外に広島特別産のカキに接続する可能性があります。
ネズミはまずポリフェノールを取らされたとき、研究グループによって、大腸の琥珀酸の密度が上昇しているのがわかりました。 大腸の琥珀酸の密度が動作の応用実験で20milliモグラになるとき、大腸癌細胞の増殖が約50%減少するのが理解されます。 胃癌細胞は増殖抑制効果を確認しました。
加藤教授「それがどれであるかにはっきりさせられることを意味して、癌の増殖抑制に、なじみ深い琥珀酸が有効であることは、大きいです。 別の疾患にも動作はあるように思えます。 」説明で。 人間へのアプリケーションは将来、予想されるでしょう。 研究成果は21日の長崎市である「日本栄養・食糧学会」によって発表されます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん:患者、家族をサポート 来月5日、三重大でイベント /三重 »
« 喫煙による肺がんリスクが上昇か~米最新調査