アントニオ古賀がん告白…子供のために負けない

アントニオ古賀がん告白…子供のために負けない

歌手のアントニオ古河(68)は、一般向けの娯楽人生アルバムの50周年「ナットのメロディー」のシンポジウムを開催して、21日に東京と港区のキューバの大使館で「音の精神(一時的な)」(講談社)を予約します。 胃癌は去年の1月に通知されました、そして、それは、3月に手術を受けて、4/5の胃を取り除いたために明らかにされました。「また、糖尿は向上します、そして、物理的な状態は以前作動するより良いです」と言って、それは微笑です、もっとも、重さが7と8キロ薄く作動する前に、比べてなりました。 宣言していて、「全国を通じて来月から1年を過ごす100の場所でコンサートをする」ということです。 また結婚コネ03が走らせるTsumakazuko(37)、および古河:「息子はまだ4歳です、そして、現在死ぬのは、可能ではありません。 また、子供が別の人になると思われます。 」それは、エネルギッシュであって、完全でした。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


喫煙による肺がんリスクが上昇か~米最新調査 »
« 生きる:小児がん征圧キャンペーン 名画にバイオリンの調べ--「忘れえぬロシア」展