生きる:小児がん征圧キャンペーン 名画にバイオリンの調べ--「忘れえぬロシア」展

生きる:小児がん征圧キャンペーン 名画にバイオリンの調べ--「忘れえぬロシア」展

天満温子は働きます。「国家のtorechakofu博物館展示会が忘れられていないロシア」(Mainichi NewspapersとBunkamura後援)が保持されたところはBunkamuraのza博物館(道路の東京の渋谷区の「再-皿」の黒いスロープ)です。21番目。 「音楽?With天満温子のバイオリンの晩」However、hira彼らなどの約60人、および幼い癌の子供は有名な絵を鑑賞しました、そして、バイオリンの音色から聴きました、そして、それに入りました。
学校に通っている間、天満さんは1邦楽コンテスト位で東京芸術大学に勝ちます。 国際的に活動しました、そして、ルーマニアの作曲家とporumubesukuについて「ホームシックのバラード」を日本に紹介しました、そして、それは大当りになりました。 それは、現在、大きい東**otoとして大学院の教授に役立ちます。
バッハの「アダージョ」とシューマンのもの、「Toroimerai、」 クラムスコイがこの日に有名な絵の「女性(人)」を忘れない前に、などは仕事に受け取られたインスピレーションから実行されます。 影響を受けるまれな道具とストラディバリウスのトーン。
それ急性リンパ性白血病6、およびakirafutoの年令のときに、名川の(13)を開発します。2番目が中学学校を等級付けする、saitaiketsuを移植した練馬区) ..臍帯血、( : 7歳までに。 「性能には、パワーがありました。 バイオリンが少し学習されたので、音を出すなどはどう研究されたか。 」それは話しました。 10: 6月7日まで。 【Akiko田村】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


アントニオ古賀がん告白…子供のために負けない »
« ミケルソン 妻のがん治療に備えて無期限の活動停止