がん闘病語り合い 大館・患者友の会、来月発足

がん闘病語り合い 大館・患者友の会、来月発足

秋田県のOdate市の市民ボランティアは、6月3日に癌患者と家族の不安を柔らかくするために「癌患者ファンクラブ」を設立します。 彼らを市民を中心に置いて、始まらせる癌患者グループは、県の中と、そして、県の北部分における1回目に秋田市だけにあります。 設立準備委員会の代表のOdate市のアキオ・土門(71)は熱心です、「また患者が県の北のお互いを奨励できる場所を作りたいと思う」ということです。

Odateの市の総合病院の協力が受け取られていて、患者は、最初に、毎月水曜日に病院の会議室の人の問題に重荷をおろさせて、治療情報を交換します。 八幡平の数個の時間鹿角市の国立公園などで心身を時代までリフレッシュする出来事は計画される予定です。
元高校教師として病気経験に癌の戦いを抱く土門が、友人などの3人との設立準備委員会になります、そして、メンバーは募集されます。 研究協会が先の病気経験に対する自己の戦いでそれを点検した島根県の癌患者客間に関する約30人の関係者と今年の2月の10番目、および報告された土門の上の都市で行われました。
土門は、2年前に胃癌に苦しんで、3/4の胃を取り除きます。 血液系癌の悪性リンパ腫はその後、見つけられましたが、点検は現在3カ月毎に受けられました、そして、それは化学療法でそれを治療しました。 「ぶり返しが不安であり、また、眠ることができなかった1日がありました。 患者は集まりました、そして、それは不安が取り除くことができた場所が欲しかったです。 」。また、癌のためオフィスでシニアを失う悲しみが「ファンクラブ」設立を支援したと言われています。
土門: メンバーが多くがどうあるかを集めるかどうかは、分かりませんでしたが。 「それは最初に、わずかな人々でさえ良いです。 集まる人々は、話して、人の問題に重荷をおろさせて、人生を豊かに費やすことができる場所に行きたがっています。 」それは明確に解決を考えます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ミケルソン 妻のがん治療に備えて無期限の活動停止 »
« ソウル大病院のがん患者2人、「尊厳死」選択