ソウル大病院のがん患者2人、「尊厳死」選択

ソウル大病院のがん患者2人、「尊厳死」選択

ソウルアカデミーの重病が公式に死ぬ権利を認めた後に、2人の癌患者が、死ぬ権利を選択しました。 ソウルアカデミーの重病はそれをはっきりさせました、「頭頸部癌に苦しんだ76歳の男性がいるリンパ腫(リンパ性白血病)に悩んだ85歳の2人の女性が、先の医療指示書にサインしました」と言って。

意識を失うとき、2人の患者が、血液透析の心肺蘇生法、人工呼吸器使用、および3処理をはっきりさせました、そして、「望まないでください」という意志ははっきりさせられました。 ソウルアカデミーの重病は国内の病院で患者が初めて延命治療を拒否できた右を選択できました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん闘病語り合い 大館・患者友の会、来月発足 »
« 重粒子線(炭素線)がん治療広報用DVDを制作しました