重粒子線(炭素線)がん治療広報用DVDを制作しました

重粒子線(炭素線)がん治療広報用DVDを制作しました

明らかに重い粒子線癌の治療を導入したDVDは、佐賀県が2013年春に設立スケジュールの重い粒子線(炭素線)癌の治療施設をTosu市に発表できるように、生産されました。
DVDは企業と医療機関などに分配されます。 , そして、それは、将来、様々な出来事と講演会などにそれを使用するでしょう。
そのうえ、また、みんなが広く見ることができるように、県のホームページでストリーミングをします。
夢?九州での最初の重い粒子線(炭素線)癌の治療が佐賀県から始動するDoesの芸術の1TitleState癌の治療?
18分の235秒が必要です。
3Content(1)、佐賀県(2)の癌の現状は処理にそれを提示します。メイン; (3) 重い粒子線(炭素線)癌の治療?(4) 癌であることの下側へのそうすることができる平穏は重い粒子線(炭素線)癌の処理(7)九州大学の重い粒子線(炭素線)癌の処理(6)施設の適用された(5)費用ではありませんか?; (8) 佐賀県知事4StreamingHeavy粒子線(炭素線)癌の治療施設プロジェクト(佐賀県HP)Httpから県(放射線医学総合研究所にインタビューする)の(10)メッセージの処理インタビュー(9)マッチを経験する人にインタビューしてください:; //www; pref.saga.lg.jp/web/_25629.html

【問い合わせます】
佐賀県粒子線治療はグループ電話を広げました: 0952-25-7473
メール: ryushisenchiryo-g@pref.saga.lg.jp

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ソウル大病院のがん患者2人、「尊厳死」選択 »
« がん闘病中のP・スウェイジ死亡説、広報担当者が否定