原子力機構など、レーザー照射装置でがん細胞のDNA両鎖の切断に成功

原子力機構など、レーザー照射装置でがん細胞のDNA両鎖の切断に成功

日本原子力機関や、大阪大学や、電力中央研究所などの共同研究チームは世界で初めてレーザドライブで陽子線セル照射装置を開発して、人間のhaisen癌細胞にそれを照射することによって二重螺旋構造を形成したDNAの両方のチェーンで切れる世代に成功しました。 その結果、陽子線と炭素線は照射されます、そして、癌細胞は破壊されます、そして、それはマイクロ粒子腺癌の治具の臨床の証拠に大いに達してしまうでしょう。
真空に生きるために安定性と状態を難しい粒子線に供給するために目標と粒子線を選択する技術でセルに粒子線を照射するためのテクニックは今までのところ、この研究で採用されます。
結果、レーザドライブの粒子線が衝突する状態を再生させた実験装置として、ボディーの内部の癌細胞は開発されました。
集中的に約1/100,000,000秒の幅に従って、この装置は同じ度のシンクロトロン加速器に関するケースとしての陽子の数を照射できます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


新刊:暮らし・教育 『がん専門医が語るがん治療の新戦略…』=武藤徹一郎・監修 »
« 消化器がん、診断、治療を一元化 金沢赤十字病院 7月、センター開設