消化器がん、診断、治療を一元化 金沢赤十字病院 7月、センター開設

消化器がん、診断、治療を一元化 金沢赤十字病院 7月、センター開設

赤十字の金沢の病院は5人の消化器官医師と5人の消化器官外科医が7月頃の議会に扱う「消化器官病気センター」を設立します。 迅速な対応は今までのところの内科における診断でありそれですが、センターで診断から大量の処理まですべての過程をすることによって、消化器系の癌を外科で作動させたのが可能になります。
センターでは、処理のmadewo iwatashouディレクターを含む特別なスタッフは、大腸癌や胃癌などの点検と患者の料金、内視鏡治療、および腹腔の負荷から努力します。食べてください。(吹くこと) 鏡によって行われた操作などは、ほとんど処理に努力しません。
この病院は最新式に主要な設立に備えて磁気共鳴画像装置(MRI)と腹腔鏡手術装置を紹介し続けます、去年の10月に東京と横浜からの胃癌と大腸癌の腹腔鏡を使用する多くの操作を扱っている医師を招待して、医師と看護師を訓練して。
この病院によると、癌には特に多くの数の患者がいる大腸癌と胃癌は言われています。 元一Nishimuraサブディレクターは言いました、「腹腔鏡手術が議会で案内されて、良質の状態で医療の提供を目的とすることができたので、ハイテクを持っていたスタッフを昇進させて欲しく、消化器官医療でベースを作っ」て。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


原子力機構など、レーザー照射装置でがん細胞のDNA両鎖の切断に成功 »
« がん患者らが「生命の駅伝」 撲滅支援訴え40キロ