がん患者らが「生命の駅伝」 撲滅支援訴え40キロ

がん患者らが「生命の駅伝」 撲滅支援訴え40キロ

癌の研究はサポートされました。「Ekidenフォ人生。 人生(人生)の駅伝」県のコース?deの始まりになる桑名市とThereは18番目の鈴鹿市のコースでした。 癌患者は四日市市の役所などを通って鈴鹿市の役所への約40キロで桑名市の役所の出発点を走らせました。
死亡は、右足が癌のため失われて、走りましたが、癌の研究資金を調達する若い人が、後任となられることをカナダ人に願っています、そして、それは15年間働いています。
= 桑名市の尾山田=は桑名市の役所の一種の癌である悪性リンパ腫でそれに挨拶します、「私は欲しいです」と言って。「woモットー啓発のため明るく動くために、それは最後まで、癌の根絶においてエネルギッシュに幸福に目的とする」という病気に対する戦いをしたsodaotto小林(61)。 オフィスビルが実行議長に手渡されたこれほど公立の市役所などの5つの場所でセットアップされていた資金調達箱、よじ登ってください; ヨー、上村(66)は松阪市のKamada町= さん/さんなどの3人と等しいです。 上村とさん/さん 小林は、啓発の旗の背景を反対して起こして、さん/さんとの約50スタッフの応援を受けます。 この後の上村のペットの犬、および始め。 途中に、それは政府、市役所、および病院でセットアップされていた資金調達箱を集めている間、走りました。
第19鈴鹿市、さらにある24日までの県の様々な地域でのIt走行は県の松坂役所ビルコースですか?

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


消化器がん、診断、治療を一元化 金沢赤十字病院 7月、センター開設 »
« マイケル・ジャクソンの「皮膚がん」説、事務所が否定