マイケル・ジャクソンの「皮膚がん」説、事務所が否定

マイケル・ジャクソンの「皮膚がん」説、事務所が否定

(CNN) 米歌手マイケル・ジャクソンさん(50)が皮膚がんにかかっていると英大衆紙が報じたことについて、ロンドンで7月に開かれるコンサートの主催者がうわさを否定した。

ロンドンのコンサートを主催するAEGライブのランディ・フィリップス社長は「(ジャクソンさんは)至って健康だ。健康問題は一切ない。5歳の時から有名人なので、このようなうわさには慣れている。新聞は読まないしニュースも見ない」とCNNに語った。皮膚がんのうわさについて、ジャクソンさん本人に直接確認したところ、笑って一蹴されたという。

これに先立ち英大衆紙サンは、ジャクソンさんがマスクとキャップを着けて米ビバリーヒルズの皮膚科医に定期的に通っていると伝えた。これについてフィリップス社長は「マイケルは皮膚科医と親しい友人の間柄なんだ」と説明している。

ロンドンでのコンサートは7月8日にスタート予定。ジャクソンさんは振付師やダンサーとともに日々リハーサルに励んでいるという。フィリップス社長によれば、AEGと契約する前に健康診断を受け、コンサート開始前にも再度の検診を予定している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者らが「生命の駅伝」 撲滅支援訴え40キロ »
« 「補正」でがん検診無料クーポン 「選挙目あて」は言いがかりか