フコイダン肝がん抑制 長嶺群馬大教授が初解明2009年5月19日

フコイダン肝がん抑制 長嶺群馬大教授が初解明2009年5月19日

沖縄からのモズクに含まれたフコイダンの中に、群馬の大きい医学部の永峰takemeiからの肝臓癌の増殖を助けるタンパク質”CXCL12″教授を監督するという効果があるのが理解される、(那覇市の来る、)、研究してください。 それは4月の合衆国の専門誌「滋養、および癌の(栄養とCancer)」で論文を発表しました。 それは、フコイダンが肝臓癌を制御するというメカニズムをはっきりさせた世界初です。 肝臓癌防止などに適用できる可能性があると言われています。
研究で、それは、密度を洗練された肝細胞癌に変えるフコイダンを加えながら、実験されます。 CXCL12は密度で高く減少しましたが、他のタンパク質は不変でした。 フコイダンを与えたネズミが、わずかであり、また、発癌物質を管理したネズミの実験では、肝臓癌のサイズもそれ、および数を与えなかったネズミのものほど小さくはありませんでした。
沖縄からのモズクのフコイダンは分かります、そして、薬と医療機器で安全のインデックスになる細胞毒性が北欧と北太平洋に生える海草ヒバマタのフコイダンより軽いのが理解されます。
他の癌、および副作用のためのフコイダンを働かせるのがあるとき、研究が将来唱えられると言われます。
「また、沖縄mozukufukoidanの善良さをはっきりさせることによって地場産業の開発に貢献するのは、可能です。」と、永峰教授は話しました。 (ine**matsurigoto**)

多糖類の<用語>フコイダンA種類はモズク、海草、およびwakame海草として海草にそのようなものを含んでいました。 それが反偽物のためにある多くの研究結果が報告されます。 それはモズクから洗練されます、そして、食物と化粧品にもそれを適用する多くの県のトレーダーがいます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「補正」でがん検診無料クーポン 「選挙目あて」は言いがかりか »
« 生命の駅伝:がん研究資金募金訴えスタート 桑名市役所~県内390キロ回る /三重