生命の駅伝:がん研究資金募金訴えスタート 桑名市役所~県内390キロ回る /三重

生命の駅伝:がん研究資金募金訴えスタート 桑名市役所~県内390キロ回る /三重

癌の研究資金を上げて、走った「15番目の人生の長い距離継電器」は、18日に桑名市を前の役所に出ました。 それは鈴鹿市の役所へ約40キロ走ります、そして、その後県の約390キロ23日まで回転します、そして、資金調達は初日上告されます。 様々な出来事が最終日における24日の多気町暴露公園にあります。
それはカナダのテリーフォックスとしての80年間癌にかかっている義足と癌の研究費用の資金調達を求めるそれでカナダの交差点マラソンに挑戦しました。 テリーは死にましたが、「テリーフォックスラン」は世界中で広まりました。 県の中の14日から「人生の長い距離継電器」と名前を変えるのは、継続的です。
桑名市の役所の出発式では、悪性リンパ腫に打ち勝ちます、そして、3人のランナーが参加する桑名市尾山田、会社従業員、およびsodaotto小林(61)に参加します。 マーリ・山本サブ市長は奨励しました、そして、「癌にできるだけ早く克服できて欲しく」、市役所などに置かれた5個の資金調達箱が、ランナーに渡されました。 さん/さん 小林他は、下に都市の役員などの約50人で見られて、エネルギッシュに出られていました。
三重と愛知で県と大阪府の両方の癌の研究所に資金調達を寄付します。 コースへの問い合せは経営委員会事務局(0598・51・3741)です。 【Shigeo沢木】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


フコイダン肝がん抑制 長嶺群馬大教授が初解明2009年5月19日 »
« Dr.中川のがんから死生をみつめる:/7 「性」持つものの運命