Dr.中川のがんから死生をみつめる:/7 「性」持つものの運命

Dr.中川のがんから死生をみつめる:/7 「性」持つものの運命

今回、私たちに「キャラクター」があると「死」が意味するという小さいショッキングな事実を言いたいと思います。

「線」に細胞分裂によってコピーされるとき、両端が男性のDNAのように短くされるので、限界は分割の頻度で存在しています。 男性のために約50回分割するとき、寿命は直面されています。 ‘その時、バクテリア’は、大腸菌による分割できるのが、無限に理由であるということであることが好きです。 それはバクテリアなどの原核細胞(DNAを包装するフィルムのないセル)のDNAが円のように「環状」をするからです。 縁が全くなくても、それは短くされません、そして、それが環状であれば分割されています。 それがDNAが寿命をもたらす線のように環状からなった理由であると言うことができます。男性への私たち。
さて、結合する受精卵は、出発点です。 ..セル(体細胞)卵と私たちからの卵と精液の精液itDNAはそれぞれ1セットです。 それがそうすることができた体細胞は受精卵でそうしました。DNA。 ..1セット父母から成功して、2セットのDNAを持っています。 他方では、成長して、生殖細胞を作るとき、2セットのDNAを1セットに返します。 このメカニズムは「減数分裂」と呼ばれます、そして、それはメスが男性に関連づけられる「有性生殖」で基本的です。
しかしながら、DNAの形が減数分裂で環状であることは、不便であるように思えます。 それが単語にあることができる、ある. . セルの中で便利な線のDNAで減数分裂で運命づけて、子寿命を残してください。空になる、 植物のRuの生き物

あって、ここで生殖細胞の中でコピーによって前の長さに短くされるDNAの優勢を返す能力を重要にしてください。 前回説明された体細胞から作られたクローン動物は、出産している間に短くされるDNAを持っていましたが、生殖細胞の受精から生まれる赤ん坊は、0年もののセルによって生まれます。 「古い」、そして、真核生物の運命である「死」は「キャラクター」によって打ち勝たれます、そして、0歳からの時間は再び経過を表示されます。
有性生殖の別の利点は、全く同じようにないのを減数分裂と受精の過程で様々な子孫に残すことであることができます。 私たちが存在になった、それだけ、置き換えられなかった、キャラクタに伴う同時にの世界で、できることにおける、死の運命。 (Keiichi中川、東京の大きい付属病院、および緩和剤の准教授は診療ディレクターについて気にかけます)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


生命の駅伝:がん研究資金募金訴えスタート 桑名市役所~県内390キロ回る /三重 »
« 理系白書’09:挑戦のとき/10 国立がんセンター研究所研究員・大木理恵子さん